5月10日、中国の自動運転ベンチャーであるPony.aiがLuminar TechnologiesのLiDARを採用し、共同で新しく設計されたセンシングプラットフォームを開発することを発表した。

2023年から自動運転車両を生産するPony

Pony.aiは2016年に設立された中国の自動運転ベンチャーであり、トヨタやオンタリオ州教職員年金基金、セコイアキャピタルチャイナ、IDGキャピタル等から出資を受けている。2020年2月にトヨタからシリーズBで400m$(約437億円)を調達し、同年11月にはシリーズCで267m$(約291億円)の資金を調達。同社の時価総額は現在53億ドル(約5,795億円)にも上る。

このPony.aiは2023年に自動運転車両の生産を開始し、グローバルに展開する計画を持っており、次世代モデルの車両ではLuminarのLiDAR「Iris(アイリス)」をシームレスに統合する。マルチセンサーで360°をカバーし、車両のルーフからわずか10cmの位置にあるスリムなルーフラインとなる。

Pony.aiのCEO兼創設者のJames Peng氏は「Luminarとの提携は、Pony.aiが次世代システムを構築し、大規模なシリーズ生産に備えるための重要なマイルストーンです。」と述べている。

ポリゴンミラーステアリングのLiDAR

Luminarはポリゴンミラーを用いたビームステアリング走査機構を持つLiDARを開発している。昨年からだけでもVolvo Cars、Mobileye、SAIC、Daimler Truckらと相次いで提携を発表し、今回Pony.aiでも搭載に向けた開発提携に至った。

Luminarが開発しているLiDAR「Iris」はルーフライン統合のために横にスリムなサイズでデザインされており、高精細×長距離検知を実現、1万台~100万台超の自動車向けの低コストパッケージとなっている。水平FOVは120°であるため、360°をカバーするには複数のセンサーを搭載する必要がある。

Luminarが開発するIris
画像クレジット:Volvo Cars(プレスリリースより)

スペックの概要は以下だ。

  • 最大検出距離:250m(反射率10%時) | 500m(反射率前提無し)
  • 解像度:~300pt/sqdeg
  • FOV(水平×垂直):120°×30°
  • 生産開始予定:2022年~

光源においては、従来使われている905nmではアイセーフティの問題から高出力にすることが難しいが、同社は1,550nmのファイバーレーザーを使い、より強力な光を照射することで長距離での高精細検知を実現する。また、独自設計のInGaAs(インジウム・ガリウム・ヒ素)のレシーバーを使う。なお、この手法は先日発表されたArgo AIがPrinceton Lightwaveの技術をベースにして開発したLiDARと同様のものとなっている。

参考:Argo AIが発表した長距離LiDAR技術

また、Luminarは機構部分にポリゴンミラーを使い、ビームステアリングを行う。上述しているように水平FOVは120°であるため、いわゆるモーターで360°回転するメカニカル方式とは異なり、ミラーを使ったビーム走査機構となっている。このミラー部分にMEMSミラーを使ったものがMEMS方式と呼ばれるが、MEMSは共振デバイスであり、反射箇所次第でスキャンが正確ではないことがあるという1)。また、ソリッドステートとして扱われることが多いが、厳密にはMEMSミラーも可動部はあり、強度が弱いことも欠点となっている。

公開されているMEMS LiDARのスペックを参考までに下記に載せておく。(開発が進展するとスペックが変更される可能性がある点は注意)

MEMS LiDARのスペック

当社調査により作成

注1 AEyeは反射率10%時だが同社公開の資料によっても数値はバラつきあり、Innovizも前提反射率は不明
注2 何も記載が無ければH×V
注3 各社を比較する意図ではなく、あくまでスペック例を参考とするために挙げている(厳密に比較するには同じチャンネル数のものなどで比較が必要なため)

上記の様に見てみると、他のMEMS LiDARと比べてLuminarのLiDARはその検出距離やFOVにおいて優れた数値を出していることがわかる。Luminarは2022年以降に生産するモデルでLiDAR1台あたりのコストを1,000ドル未満を実現することを目指しているとされており、目標は500ドルとなっている。

 

今回参考のプレスリリースはこちら


MEMS LiDARやFMCW LiDAR、フェーズドアレイなど、方式別の技術動向や特徴について知りたい方はこちらも参考。

参考記事:(特集) 車載LiDARの技術動向 ~種類・方式の特徴と全体像~


ー 技術アナリストの目 -
2022年からVolvo CarsへのLiDARの供給が始まると言われているので、もう量産開始まで目前となってきました。それに伴い、LuminarのLiDARの搭載に向けた動きも活発化してきています。Luminarの開発するIrisは3月時点でBサンプルの最終フェーズにあると発表されており、年内にはCサンプルへ移行すると言われています。今年、少なくとも3件のプロジェクト受注をすることを計画として話をしているため、今後もまたアップデートがあるでしょう。引き続きウォッチしていきたいと思います。

【世界のLiDARベンチャーを調査したい方】

FMCWやMEMS、オプティカルフェーズドアレイなど、技術方式や用途の情報も含めた世界のLiDARベンチャーロングリスト調査に興味がある方はこちら

グローバル技術動向調査:詳細へ


参考文献:

1) For LiDAR scanning solution ポリゴンミラー&ポリゴンレーザスキャナ 特集, 日本電産コパル電子株式会社