海外先端技術の情報プラットフォームTechview

当サイトは、海外の先端技術・ディープテクノロジースタートアップを中心とした技術調査サービス・メディア運営を行っているアドバンスドテクノロジーX合同会社のウェブサイトです。サイトの構成は以下となっています。

  • 受託技術リサーチ -技術調査サービスの概要-
  • 先端技術レポート(準備中)
  • Techview Media -海外先端技術スタートアップ情報を日々発信-
  • 特集(技術・市場) -当社が調査をした技術動向の概要を発信-

当社の概要

当社のミッション「先端技術情報を誰もがアクセスできるようにする」

当社、アドバンスドテクノロジーX合同会社は、製造業に関連する企業の新規事業やR&D活動において必要となる、先端技術イノベーションの情報を誰もが簡単にアクセスできるようにすることをミッションとして、設立されました。

過去は、様々な分野で技術ロードマップが引かれ、長期的に見通しのついた製造業の技術発展は、今やスタートアップの台頭などによりイノベーションが非連続的に起きやすくなっています。

こうした、世界中で技術イノベーションが非連続で起きやすくなっている状況下において、製造業に関連する企業の新規事業やR&D活動では、増々、先端技術の情報を常に最新にアップデートし、技術イノベーション動向をウォッチする必要に迫られています。

当社はそうした製造業に関連する企業様が、新規事業企画やR&D活動を行う上で、必要になる先端技術情報を様々な形で提供していきます。

当社について

企業名アドバンスドテクノロジーX合同会社
設立年月2021年5月
資本金50万円
本社所在地東京都港区浜松町2丁目2番15号 浜松町ダイヤビル2F
事業内容先端技術動向に関する受託調査
海外の先端技術スタートアップを中心とした技術情報メディアの運営

創業者について

創業者は、株式会社野村総合研究所で大手製造業向けの戦略コンサルティングに従事し、技術系ベンチャー企業での事業開発やマネジメントに従事してきました。製造業分野で10年以上技術調査や技術評価、ベンチャー企業の分析を行ってきており、欧米イスラエルのベンチャー技術動向の調査経験、オープンイノベーションに関する講演の経験、シリコンバレー駐在員の技術探索支援の経験があります。

講演実績:

  • FACTORY Fall 基調講演、オープンイノベーション(外部連携)で生産革新を起こす ~日本における生産現場での外部企業活用と海外の製造IoTベンチャーの現況~
  • 世界のイノベーション動向研究 ~CESの振り返り 米国最大のエレクトロニクス展示会の動向報告~
  • その他、企業内でのCESや海外先端技術動向、オープンイノベーションに関する講演実績多数

その他実績:

  • 2020年の産業 事業環境の変化と成長機会を読み解く(野村総合研究所)、東洋経済出版、共著

受託技術リサーチ

海外のディープテクノロジースタートアップのロングリスト調査や、技術動向調査を行っています。ロングリストは欧米イスラエルを中心に中国の有望ベンチャーも含めてカバーしており、網羅的な調査が可能です。また、日本国内を対象とした調査も可能です。詳細はこちらをご覧ください。

Techview Mediaとは

最先端技術を持つディープテック海外ベンチャー企業や大学・研究機関・政府機関の最新情報や業界動向、技術動向などを発信しています。特に欧米イスラエルといったIoT・AI・車載・ヘルスケアなど、技術イノベーションの芽を重点的に取り上げています。

当メディアの特徴は以下となります。

AI・IoT・デバイス・センサなどの要素技術を中心に、自動運転やロボティクス、デジタルヘルスケアなど様々なイノベーション領域の最先端分野における海外スタートアップから研究機関の技術情報を幅広く網羅している

  • 最先端ディープテクノロジーテーマに特化している
  • 海外スタートアップだけでなく先端技術に関連する研究機関や政府機関の動向も含む
  • 海外スタートアップの最新ニュースに加え、技術アナリストが調査した結果の分野の全体像や技術トレンドについて解説している

当サイトではシード期からレイターステージまでのスタートアップや、まだ事業化していない大学研究機関の技術まで、先端技術分野のイノベーションの芽を幅広く取り上げます。中にはあまり日本語化されていない情報も多くあり、また、独自調査によって情報発信をしています。

本サイト記事の利用について

営利、非営利、イントラネットを問わず、本ウェブサイトへのリンクは自由です。特にご連絡を頂く必要もありません。ただし、公序良俗に反するサイトなど、当社の信用、品位を損なうサイトからのリンクはお断りします。また事前事後にかかわらず、その他の理由によりリンクをお断りする場合もあります。